ダイヤモンドのシェイプとサイズもクラリティに影響します。クラリティはダイヤモンドのカットやカラーほど重要ではありませんが、1カラット以上のダイヤモンドを購入する場合や、ファンシーシェイプのダイヤモンド(欠点が見えやすいエメラルドカットやアッシャーカット)を検討している場合は、高いクラリティグレードに投資することをお勧めします。


ダイヤモンドのクラリティは、ダイヤモンドの美しさを左右する重要な特性です。他の4Cと同様に、ダイヤモンドのクラリティはダイヤモンドの輝きに重要なことファクターです。

クラリティは価格に影響しますが、どのグレードが自分に適しているかの判断に役立つ要素がいくつかあります。

ダイヤモンドのクラリティには6つのカテゴリがあり、合計11のクラリティグレードがあります

1953年、Richard T. Liddicoatとその仲間は米国宝石学会(GIA)ダイヤモンド評価システムとクラリティ基準を確立しました。GIAダイヤモンド評価基準は6つのカテゴリと11のクラリティグレードに分かれています。

I1、I2、I3:内包物があるダイヤモンド

  • クラリティがIのダイヤモンドは、目に見える明白な内包物があり、美しさに影響します。
  • Blue Nileでは、クラリティグレードがIのルースダイヤモンドでデザインされたエンゲージリングは販売しておりません。
  • Blue Nileでは、クラリティがI1のダイヤモンドをプリセットしたジュエリーを限定的に販売しています。

SI1、SI2:内包物がわずかに含まれる(SI)ダイヤモンド

  • 10倍に拡大すると内包物が目立ちます。
  • アイクリーンなら、SIのダイヤモンドがお買い得でしょう。
  • SI2のダイヤモンドは、肉眼でよく見ると(特に横から見た場合に)内包物を確認できる可能性があります。

VS1、VS2 内包物がほんのわずかに含まれるダイヤモンド

  • 10倍の拡大鏡を使用した場合に、見えにくい(VS1)ものから、目に付きやすい(VS2)ものまでわずかな内包物があります。
  • Blue Nileで最も人気の高いダイヤモンドクラリティで、お買い得です。

VVS1、VVS2:内包物がごくごくわずかに含まれる(VVS)ダイヤモンド

  • VVSのダイヤモンドは、専門家が10倍の拡大鏡を使っても見えにくい極小の内包物が含まれています。
  • VVSのクラリティは珍しく、アイクリーンに見えます。
  • 内包物は極小で、専門家が10倍の拡大鏡を使用しても見えにくいほどです。

内部が無傷(IF)のダイヤモンド

  • IFのダイヤモンドを顕微鏡で見ると、表面に微小なキズが見える場合があります。
  • IFのダイヤモンドは石に内包物がないので、表面上の特性によってグレードが決まります。
  • 視覚的にアイクリーン

無傷(FL)のダイヤモンド

  • 内部にも表面にも内包物やキズがありません。
  • FLのクラリティはすべてのダイヤモンドのうち1%未満です。
  • 100%内包物がないダイヤモンドを見つけるのは不可能に近いため、FLのダイヤモンドは非常に希少です。