カラットについて押さえておきたい4つの事

  1. 「カラット数を控えめに」して節約する。フルカラットまたはハーフカラットをやや下回るカラット数を選びましょう。例えば、2.00カラットのダイヤモンドの代わりに、1.90カラットの購入を検討してください。こうするとかなりの金額を節約できるうえ、わずかな違いに気づくことはありません。
  2. カットには惜しみなく。これは輝きを最大化するので、最も重要な要素です。カラット数が大きくカラーとクラリティが最高ランクのダイヤモンドでも、カットの質が悪いと、くすんで見えることがあります。
  3. ファンシーシェイプは1カラット当たりの価格が安い。 ファンシーシェイプのダイヤモンドについて知っておくべき重要な点は、同品質のラウンドダイヤモンドよりドより一般的に価格が安いことです。また、ファイシーシェイプは実際のカラット数より大きく見えます。
  4. リングの大きさを考慮する。指が細いほど、ダイヤモンドが大きく見えます。1.0カラットのソリテールダイヤモンドは、サイズ8の指にはめた時より、サイズ6の指にはめた時の方が大きく見えます。

知っておきたいカラットに関するその他のヒント

  1. セッティングによってはダイヤモンドを実際より大きく見せることができます。
  2. この効果を発揮する大人気のセッティングがハローです。このセッティングは、小粒のダイヤモンドでセンターダイヤモンドを輪のように囲みます。小粒のダイヤモンドと大粒のダイヤモンドの対比が、目の錯覚によってセンターダイヤモンドをより大きく見せてくれます。
  3. バンド幅はダイヤモンドのカラット数の見え方に影響します。
  4. 細いバンドを選ぶと、センターストーンがより大きく見えます。この効果を発揮する人気のバンドがパヴェです。これは、バンドに小粒のダイヤモンドを埋め込む技法です。
  5. 合計カラット数 合計カラット数は、ジュエリー1点にセットされたすべてのダイヤモンドの総重量です。したがって、どのジュエリーを購入する場合も、必ず個々のダイヤモンドのカラット数を尋ねましょう。



テキスト例