無色のダイヤモンドはめったに見つからないことをご存知でしたか?実は、自然界で見つかるダイヤモンドのほとんどには、グレー、ホワイト、イエロー、ブラウン、ピンクなどの色が付いています。

  • ダイヤモンドの評価の一部は、無色かどうかで決まります。
  • 資格のある鑑定士のみがダイヤモンドのカラーグレードを判定できます。
  • リングのセッティングの色がダイヤモンドの色味に影響を与えます。



GIAのホワイトダイヤモンドのカラーグレード基準が業界標準になっています

米国宝石学会(GIA)のカラースケールはダイヤモンド評価の業界標準です。GIAのダイヤモンドカラーの評価は、D(無色)からZ(薄い黄色または茶色)まであります。なぜGIAのダイヤモンド評価基準がDから始まるのか尋ねる人が多くいます。ArcaneシステムではA-C、1-3、I-IIIなどの評価を使用していました。GIAはこうした様々なシステムの標準化に着手し、新たにグレードDからスケールを開始したのです。


無色のダイヤモンド:透き通った氷のように色がなく、最も希少で高品質。

D,E,Fカラーのダイヤモンド

ほぼ無色のダイヤモンド:識別できる黄みはなく、高い品質がお得な価格で手に入る。

G,H,I,Jカラーのダイヤモンド

Kカラーのダイヤモンド

かすかな黄色みを帯びたダイヤモンド:予算に優しい選択肢で、イエローゴールドに合わせると美しい。